*All archives* |  *Admin*

2008/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常勤職員の給与改善
産業革命って何?
写真は「イングランド 写真の日々」から「産業革命って何?
by ukphotography


今年の10月には、こんなところから義母が遊びに来ます by 曽野田欣也


非常勤職員の給与改善=府省に勤務、780円最低基準に-指針策定へ・人事院
時事通信 2008/06/19
 人事院は19日、府省に勤務する非常勤職員の給与・待遇を改善する方針を固めた。今夏の国家公務員給与勧告に向けて指針を策定する。

 事務補助職などの非常勤について、高校卒常勤職員(一般職)の初任給相当額を時給換算した約780円を最低基準とし、基準以下の府省には今年度中の引き上げを求める考えだ。人事院の方針は、国立大学、独立行政法人や自治体に加え、民間の動向にも影響を与える可能性がある。

 記事では、「自治体に加え、民間の動向にも影響を与える可能性がある」としていますが、私は、自治体に与える影響は極めて小さいと考えています。なぜなら、国と自治体とでは非常勤職員の任用等の根拠法が異なるので、それがそのまま自治体に適用できるとは限らないからです。

 非常勤職員の勤務条件に関しては、各種休暇の整備など大事な論点があります。また、自治体の非常勤職員に関する大きな課題は、任用の根拠を地方公務員法第3条や第17条としているものにかかる雇い止めの問題や、第22条を根拠とするものについては、任用の在り方という基本的なところにあります。

 さて、この人事院の方針は、今年の人事院勧告で示されるようですが、現行案を見る限り、賃金水準の決定基準については従来より突っ込んだ内容になっているものの、通勤手当や期末手当については、以前から通知しているところを改めて言っているに過ぎません。

 非常勤職員の待遇改善に関しては、2007年3月には、「荒川区で非常勤職員に昇任制度(PDF)」とか、2008年1月には「港区非常勤職員の勤続昇給に都が異議」という例もありました。

 現段階における人事院案は次に引用するとおりです。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。