*All archives* |  *Admin*

2008/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院経営と定員管理
鳥取市立病院:職員増で医師確保 条例改正案、9月議会に提案へ
毎日新聞 2008年8月8日 地方版
 鳥取市の竹内功市長は7日の定例会見で市立病院(同市的場1)の正職員の定数を増やすための条例改正案を9月定例市議会に提案すると発表した。市立病院は医師不足のため小児科の休止に追い込まれる見通し。医師の人数を増やすことで労働条件を改善し、医師確保につなげたい意向だ。

 市立病院を持つ自治体において、定員適正化は、非常に頭の痛い問題になる場合があります。

 国は総人件費改革として、公務員定数の削減を国是として掲げ、市立病院を持つ自治体も持たない自治体も一律に4.6%の人員削減を求めています。この4.6%に病院を含むことにも、当然、意味はあります。

 しかし、鳥取市くらいの規模の自治体にとっては、病院における職員数の増減が、定員管理に非常に大きく響きます。つまり、医師や看護師の採用退職者数が、そのまま定員の増減率に大きく反映されるのです。

 また、医師や看護師不足がこれだけ大きな問題として取り上げられていることから明らかなとおり、病院経営を継続することは非常に困難なことですが、市立病院の医師や看護師が数多く退職していってしまい、病院経営と市民生活に支障が出ているような自治体では、逆に行政職員の削減に努力しなくても、定員適正化は達成できてしまう、という笑うに笑えない現象がおきます。

 病院定数を増員することは、行政職員の更なる減員を求められます。それでも、地域住民の安全・安心のため非常に賢明な選択であり、市民本位の勇気のある政策であると評価できます。

 それでも、行政職員の削減にも限界があります。そこで、行革推進法第55条第5項は、地方公営企業の独法化を求めてもいます。

続きを読む

スポンサーサイト
雇止めと解雇権濫用法理
 弁護士の丸尾拓養氏によるBiz+Plusでの連載に「第44回「有期労働契約は期間満了で終わらないのか」(2008/08/06)がありました。

 この中で丸尾氏は、「有期労働契約は期間満了で終わらないのか」と問い、「実務家の中には、有期労働契約を反復更新した場合には雇止めができないと理解している人もいます」が、「雇止めには解雇権濫用法理が「類推」適用されるにすぎない」としています。

 そして、「雇用継続への期待は保護されるべきか」と問い、「雇止めをしないことが労働者の利益になるのか」と考えておられます。

 雇止めに関しては、当然ですが、雇止めそのものに法的な問題があるわけではなく、労働者側が継続雇用を望む場合に、法的な問題として提起して初めて問題になります。この争いでは、継続雇用による期待形成の合理性がカギとなります。

 使用者側は、雇止めとは何かを理解し、違法性判断のカギとなる期待形成の合理性を否定できることが必要です。そのためには、有期契約締結前に労働者側にも雇止めとは何かを労使間で共通理解を得ておくことも良いかもしれません。

(参考)
有期労働契約の締結及び更新・雇止めに関する基準について
有期契約労働者の雇用管理の改善に関する研究会報告書及びガイドライン」平成20年7月29日
有期契約労働者の雇用管理の改善の促進に向けた取組について」(PDF)(基発第0729002号 平成20年7月29日)


浜松市学生寮OB会
SYS

左から学生寮のS先輩とY先輩、そして右端は私

M田先輩はここでも話題になりました。





 今日は、浜松市学生寮のOB会。アクトコングレスセンターで開催されました。

 今年の参加者は40人強で、毎度のごとく盛り上がりました。私は、今回は二次会へは行かず、某政令市で人事係長をしている先輩と二人で、いつもの喫茶店へ行きました。

 先輩も私も自治体の人事担当者ということもあり、改正地方公務員法による「人事評価」がどのようなものになるのかなど共通して気になるところでした。

 また、人事考課制度については、私も常日頃の考えを先輩に披露しますが、残念ながら説得力がありません。

 その他いろいろな課題について話をし、時間はアッとう間に過ぎて行きます。

 先輩も私もいろいろな面で「まだまだ勉強が必要だ」ということで一致した結論が出ました。

******************************************************************
 浜松市学生寮の第1回卒寮生で、緑ヶ丘幼稚園の理事長である服部義昭さんが今年亡くなられたことを、今回のOB会で知りました。

 私は緑ヶ丘幼稚園を卒園しました。大学卒業後、初めて参加したOB会で、参加者全員の前で挨拶をさせて頂いたとき、服部先輩が「欣也君、覚えてる?」と私に声をかけてくださり、18年ぶりに再会しました。

 私は、自分が卒園した幼稚園の理事長が私と同じ学生寮のOBであることをその時初めて知り、その偶然に驚きました。

 それよりも何よりも、私が6歳で卒園してから24歳でOB会に参加するまでの18年間、一度もお会いもせず、お便りをすることもなかったのにも関わらず、私のことを覚えていてくださったことに驚くとともに、服部先輩に幼稚園経営をされる教育者としての気高さを感じました。
 
 服部先輩のご冥福を心からお祈りいたします。
プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。