*All archives* |  *Admin*

2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単身赴任手当の不正受給
単身赴任手当 警官13人が不正受給 熊本県警 320万円、要件満たさず
2008/11/1  西日本新聞
 熊本県警は31日、警察官13人が、要件を満たしていないのに単身赴任手当(月額2万3000円)を受給していたと発表した。今年3月までの5年間で計319万7000円に上り、全額を返納させた上で13人を訓戒などとした。

 受給していた職員は、手当の受給要件を知らなかったそうです。それも「家族の介護や子どもの養育のため自宅に帰ることが多かった」そうです。配偶者一人に父母の疾病などによる介護を任せてしまうのも、男女共同参画や家庭内の仕事の夫婦分担といった面では考えさせられます。それを勘案した上での手当である、と言えばそれまでです。

 些細なことですが、気になるのは記事中、「訓戒」という用語の意味です。
熊本県消防学校規則
(学生の懲戒)
第23条 学校長は、消防学校の規律を乱し、学生としての対面を汚した者に対して、退校、謹慎又は訓戒の処分を行うことができる。
2 退校処分は、学生が次の各号のいずれかに該当する場合に限り行うことができる。
(1) 性行不良で改善の見込がないと認められる者
(2) 正当の理由がなくて出席が常でない者
(3) 学校の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者

続きを読む

スポンサーサイト
県若手職員が政策研究発表
県若手職員が政策研究発表/職場の活性化策など提言
2008/10/30 香川新聞
 県庁の若手職員が5人1組の班をつくり、政策研究の成果を発表するトッププレゼンテーションが30日、香川県庁であり、庁内の活性化策や、森林や公園、農地などの「グリーンインフラ(緑の社会資本)」の拡大策について知事や各部長らに提言した。

 プレゼンは、若手職員が県政の課題を自ら掘り下げ、政策を立案する能力を高める目的で毎年実施。今回は2班が発表した。

 団塊世代の存在などによりキャリア・プラトー現象が起こっています。このような中で、専門職制度の創設も一つの人事施策であります。しかし、もっと根源的に公務員のキャリアの自律性について検討する必要を感じています。

 私も職場で後輩たちと自主勉強会「磐田ゼミ」を試行錯誤しながら進めていますが、こうした政策提言の機会があるのとないのとでは、職員のモチベーションも大きく異なると思います。職員の自学を促す人事施策の提言が急務です。


(参考)
○ キャリアの自律性について
 君島一雄氏の日本総研における寄稿「キャリアの自律性向上に焦点を当てた人事施策<前編>」及び「キャリアの自律性向上に焦点を当てた人事施策<後編>」を参照。
キャリアの自律性向上に焦点を当てた人事施策<前編>(PDF)
キャリアの自律性向上に焦点を当てた人事施策<後編>(PDF)

○ キャリア・プラトーについて
 山本寛「昇進の研究―キャリア・プラトー現象の観点から」を参照。
 なお、同書については、戸崎将宏氏の2005年9月1日における書評を参照。

続きを読む

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。