*All archives* |  *Admin*

2008/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷惑メールのクリック率と購入率
 日経BPネットに「迷惑メール広告のクリック率と購入率を実証調査」というおもしろい記事がありましたので、ここに紹介します。
 調査の内容自体にも興味が湧くところですが、その調査における検証方法に疑問を呈しているところにライターのかたの倫理観を感じます。

(参考)
Spamalytics: An Empirical Analysis of Spam Marketing Conversion(PDF)1.88Mb
IT Pro「スパムメールの収益性が明らかに」2008/11/13
スポンサーサイト
退職手当法改正案など決定へ
退職手当法改正案など決定へ=政府
時事通信社 2008/12/01
 政府は2日の閣議で、不祥事を起こした国家公務員の退職金の返納対象を拡大する国家公務員退職手当法改正案と、本府省業務調整手当の新設や勤務時間の15分短縮を盛り込んだ給与法等改正案を決定する。いずれも開会中の臨時国会に提出する。(了)

 tihoujiti様のブログにありますが、いつ成立するか、というのが気になるところです。
 政府の最優先課題は予算でしょうし、それがすんなり通るかもしれませんが、改正地方公務員法の二の舞の可能性もあります。
 15分の時短は、それ自体は事務的に大した改正ではありませんが、それに伴う育児短時間などの改正は少し煩わしいかもしれません。既に1日の勤務時間が7時間45分となっている自治体で、育児短時間制度を導入しているところの例規が気になります。
町議を部長級職員に任用
「町議を部長級職員に任用」 愛知・一色町が特区提案
asahi.com 2008年11月29日
 町議を議員の身分のまま、町職員として任用する――。そんな試みを愛知県一色町の都築譲町長がめざしている。28日に記者会見し、構造改革特区として実現できるよう11月に内閣府に提案したと発表した。

 町長は
 会見で「議員の考えを早期の段階から行政事務に取り入れ、行政サービスの質を高めることができる。『議院内閣制』の考え方を取り入れた形にしたい。数少ない町職員ですべての行政事務をこなすには限界がある」と話した
そうです。
 この町長の考え方は私のそれとは異なるところがありますが反対ではありません。結果的には同じようなものですが、私は他の施策として、非現業職員も議員に立候補できるようにするのも望ましいと考えています。

(参考)
総務省「第29次地方制度調査会の議事要旨」平成20年10月7日開催 第16回専門小委員会 参照
多治見市「地方公務員と地方議会議員との兼職特区
しきのぴぃちゃんの日記「在職したまま選挙に立候補できる地方公務員

続きを読む

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。