*All archives* |  *Admin*

2009/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理職手当を定額に 丹波市
年功より役職重視…管理職手当を定額に 丹波市
神戸新聞 2009/1/4 
 丹波市は三日までに、管理職手当を給料月額に一定率をかける乗率制から定額制に改めることを決めた。年功より職責を重視するのが狙い。同じ役職でも勤務年数などで差が出る乗率制を改め、同一役職で同額とする。来年度から実施する。

 同市の管理職手当は給与に関する条例・規則で「給料月額の15%以内」と定めており、部長職で13%、課長職で9%、副課長級で7%となっている。勤務期間が長くなるほど月額給料が高くなるため、同じ役職でも年功序列が手当に反映されてきた。例えば課長級で約三万九千円から三万五千円の幅がある。

 定額制では、同一役職は同一手当になる。いずれも月額で、医師職の部長級六万六千七百円▽技監・部長級五万七千六百円▽課長級三万七千四百円▽副課長級二万八千五百円-に改正する。

 算定法の改正は、国が昨年度に実施、各自治体に広がっており、篠山市は本年度から実施している。丹波市は「現行の管理職手当の総額を超えないように算出した」としている。(仲井雅史)
スポンサーサイト
働き方の見直し紹介 静岡労働局
greetings2009 by Hideki Takada

写真は
The Weathercock」から「Happy New Year 2009
by Hideki Takada, ex. HM Treasury
Richmond riverside upon Thames, May 2008



働き方の見直し紹介 静岡労働局、提言書まとめる
静岡新聞 2009/01/01
 ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現に向け、静岡労働局は、地域の特性に応じた働き方の見直しや家庭生活の過ごし方などを紹介する提言書をまとめた。職場や家庭の実情に合わせて対応できるよう入門、基本、応用の3段階に分けて具体的な取り組みを記載したのが特徴。近くパンフレットを作製し、各地のハローワークや労働基準監督署などを通じて配布する。

 県内の労働者の所定外労働時間が全国で3番目に長いなど、依然として長時間労働の傾向が強いことから、毎週水曜日を「しずおかノー残業デー」に提唱。
 労使それぞれの立場での取り組みとして、
(1)職場意識・風土の改革
(2)年次有給休暇の取得促進
(3)父親の子育て参加―などを掲げた。
 全国や県内の先駆的な事例を盛り込み、人材定着や社員の士気向上など実際の効果も紹介している。

 提言書は、労使代表や有識者らで組織する「しずおか仕事と生活の調和推進会議」の意見を踏まえて策定した。会議の委員10人にもさまざまな機会を利用して広報活動に協力してもらうという。
 
 有用な資料となりそうです。私もハローワーク磐田へパンフレットを取りに行って来ることとしましょう。
 
 さて、本市の場合は、第4金曜日を全庁的なノー残業デーとし、その他月に一回、各課でノー残業デーを設定することになっています。労働安全衛生の面からも必要な取り組みです。

 以前も取り上げましたが、時短条例を提出している自治体では、市民の方の理解を得ること以上に、市民感情として受け入れられないということに難しさがあるようです。そこで、統計数値(PDF)を見ると、
2004 年(平成 16 年)の、我が国の労働者の週労働時間は厚生労働省の「毎月勤労統計調査」では38.7 時間であり、欧米先進国とほぼ同様の労働時間であるが、総務省の「労働力調査」によれば 43.5時間となっている。

五十嵐吉郎「「時間」の使い方 国際比較を中心として」から

 日本の週労働時間と欧米のそれとの差が5~6時間ならば、日本の労働時間が必ずしも特出して長いわけではないでしょう。また、欧米との比較においての労働時間の長短によって、市民感情が許さないということではないと思います。国際比較がどうであれ、人事院の統計数値がどうであれ、民間ではそれが実感できない。実際には労働時間、拘束時間を長く感じていては、欧米社会のような生活の豊かさを実感できないでしょう。
 静岡労働局の提言では、「職場意識・風土の改革」を指摘しています。時短条例の件に関して、私は日本の組織における労働環境の難しさを感じました。

 ノー残業デーなどというものもなく定時退庁し、テムズ川のほとりを散歩しながらの帰路、たまにはパブに寄って1パイントのエールを飲んでからフラットへ。そんな生活ができるロンドンのビジネスマンが羨ましいです。
 安全衛生や労働者の生産性とかいう難しい話ではなく、そういう生活が送れるということで、人間として豊かな人生を送っているということであり、単にそれだけで価値がある、と私は思います。
 今年の夏、義理の母に会うためイングランドへ行く予定です。機会があれば、一度でいいから、この写真の場所を散歩してみたいものです。

(参考)
五十嵐吉郎「「時間」の使い方 国際比較を中心として」(PDF)
プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。