*All archives* |  *Admin*

2009/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分権の脇役、看板倒れ
090107_会社仲間と真剣話!
写真は「Plumerian cafe -365photo-」から
090107*会社仲間と真剣話!」 by nanami


nanamiさんの記事に高業績企業の秘密が by 曽野田欣也



tihoujiti様の「準則?」経由で「分権の脇役、看板倒れ 市町村助けぬ県市町村課
河北新報社 2009/1/12
 「国の方針には従いなさい」。でも「市町村の手助けはしません」。市町村を支援するはずの宮城県市町村課が、一部の業務でこんなスタンスを打ち出している。「地方分権の時代だから当たり前」との理屈だが、あまりにしゃくし定規な対応には市町村もがっかり。課のホームページに「主役は市町村 シッカリ脇役果たします」と掲げた看板が泣いている。

 私は例規の素人ですので、給与構造改革や育児短時間休業制度の導入時における例規改正には泣かされました。時間がないのにいつになったら終わるか見通しがつかずに不安だった給与構造改革の例規改正。これは合併した年度にあった作業だったので本当に大変でした。
 静岡県では、準則を出して頂けないときでも、他県他市の制定状況等の情報を県から頂けたり、国に照会をして頂いたりとご協力をして頂きました。

 自治体の人事例規の場合、法律や人事院規則の改正内容等を参考にすれば、大概のことは理解はでき、それを市独自の部分を考慮しながら考えていけば何とかできるものです。しかし、参考にする国の規定の内容が理解できない場合は、まず自分で調べてありうべき解釈を出した上で、法制担当に資料を持って行き相談したりします。また、その結果を他市の人事担当者に照会したりします。それでも分からなければ、やはり県の方に照会しなければならないことになります。

 町村など小規模な自治体は法制担当などといったスペシャリストがいないゼネラリスト集団ですから、準則がないと困ることもあるのではないでしょうか。一人の職員が担当している業務の幅がとても広いため、一つのことに時間や労力といった物理的なコストをかけられないこともあろうかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。