FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
(資料)週休2日制の導入
平成4年度 年次報告書
第1部 ≪人事行政この1年の動きと今後の課題≫
III 職員の勤務時間、完全週休2日制、休暇及び育児休業
1 完全週休2日制の実施と勤務時間の改善等
 我が国の社会全体の活力の維持・増進を図り、また、国際的な労働時間の水準に達するために、労働時間短縮の推進は、重要な政策的課題とされ、平成4年6月に策定された「生活大国5か年計画-地球社会との共存をめざして-」においても、「生活大国」の実現を目指す上での最重要課題の一つと位置付けられている。
 人事院は、公務における週休2日制、勤務時間制度の在り方について、社会一般の情勢に適応させることを基本として検討してきたが、平成3年8月7日、国会及び内閣に対して、完全週休2日制の実施について勧告し、一般職の職員の給与等に関する法律及び行政機関の休日に関する法律の一部を改正する法律(平成4年法律第28号)の成立を経て、平成4年5月1日から完全週休2日制を基本とした週40時間勤務制が実施に移された
 このような状況の中で、人事院は、平成4年8月7日、国会及び内閣に対して、フレックスタイム制の導入、効率的かつ健康に配慮した執務の推進、勤務時間・休暇等に関する法制整備の必要性について報告を行うとともに、勤務時間、休暇等に関する様々な課題についても検討を進め、順次具体的な措置を講じた。
スポンサーサイト



(資料)夏季休暇の導入
平成2年度 年次報告書
第2部 ≪平成2年度業務状況≫
第3章 職員の勤務時間、週休2日制、休暇及び育児休業等
2 休暇制度の整備、充実
夏季休暇の新設
 総実勤務時間の短縮のためには、週休2日制の推進に併せて、休暇制度の整備、充実を図ることが重要である。
 その一環として、人事院は、盆等の諸行事や夏季の休養等のための休暇が社会一般の慣行として定着していることを考慮するとともに、夏季における職員の家庭生活の充実や心身のリフレッシュを図るとの観点から、平成3年より特別休暇の一つとして夏季休暇を新設することとし、平成2年12月、規則15-11(職員の休暇)を改正した。
 夏季休暇は「夏季における盆等の諸行事、心身の健康の維持及び増進又は家庭生活の充実」のために認められる特別休暇であり、職員ごとに7月から9月の期間内における勤務を要しない日及び休日を除いて原則として連続する3日の範囲内の期間で取得することができることとなっている。

人事院規則15―14(職員の勤務時間、休日及び休暇)
第22条第1項第14号
 職員が夏季における盆等の諸行事、心身の健康の維持及び増進又は家庭生活の充実のため勤務しないことが相当であると認められる場合 一の年の7月から9月までの期間内における、週休日、休日及び代休日を除いて原則として連続する3日の範囲内の期間
(資料)賞与の役職加算導入
平成2年度 年次報告書 目次
第1部 ≪人事行政この1年の動きと今後の課題≫
II 職員の給与
3 期末・勤勉手当に新たな加算措置を導入
 期末・勤勉手当について、民間の特別給の支給状況を踏まえ、係長級以上の職員に、職務段階等に応じ新たな加算措置を導入した。
 民間企業における賞与の支給状況をみると、役職段階の上位の者ほど手厚い支給割合の配分となっている実態にあるのに対し、公務の期末・勤勉手当は、諸般の事情から役職段階を問わず一律に支給月数が定められたままで推移してきており、各層ごとの官民均衡が必ずしも図られていなかった。近年、民間においては特別給を重視する傾向が強まり、これに伴って、給与全体の中に占める特別給のウエイトも大きくなってきている中で、民間の配分傾向は無視できないものであり、公務の期末・勤勉手当についても、総体的な支給水準を民間に準拠させるだけでなく、その配分面においても民間の傾向を反映したものとすることが従来にも増して必要となった。このため、新たに期末・勤勉手当に役職段階別加算措置を導入した。
 措置の内容としては、原則として係長級以上の職員を対象として公務部内の各職務段階を俸給表の職務の級を基準として区分し、それぞれの区分ごとに5%きざみで最高20%までの4段階の加算割合を定め、従来の期末・勤勉手当の算定基礎額を、俸給及びこれに対する調整手当の合計額に加算割合を乗じた額を加算したものとすることを基本としている。
連休中にしていること
 牧瀬稔氏がブログで「連休中にしていること」を記事にしています。
 牧瀬氏の門下にある私は連休中に何をしているかというと、これと言って何もしていません。我が家は、外出が嫌いな人揃いで、連休中の雑踏に出て行くのが苦手です。連休中に出掛けるところは、雑踏ばかりとは限らないのですが。
 さて、私は今年度、知人のかたからのご紹介で、某出版社の地方公務員向け月刊誌に寄稿をすることになりました。人事関係の連載コーナーに、年3回くらい事例とその解説を載せる予定です。この連休中は、強いてあげると、この第1回目の原稿を書いている、といえます。
 日常の人事実務の中で問題となったことを、どのように解決して行ったか、また課題となったことに対してどのような手を打ったか、あるいは私がそうした問題から敷衍して考えたことなどを、実務上の経験に即して書くことを旨としています。原稿を書いていて、その実務に携わっていた当時に紐解いた参考書や判例を、いま再び読み返してみて、その時の苦労が甦ります。
 文章といえば、なにぶん気ままなこのブログしか書いていないような状況ですので、私の原稿には編集長様が厳しく赤ペンを入れられることでしょう。しかし、その内容に関する責任は、すべて私にあります。
プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック