*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
改正 地方公務員育休法
 tihoujiti様経由で、総務省の第170回国会(臨時会)提出法案が乗っているのを知りました。

 「一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案」で、あれこれ変えています。この中で、地方公務員の育児休業等に関する法律も改正されています。詳しくは、tihoujiti様の解説に譲ります。
 国家公務員の場合、法律と人事院規則で定められる事項が、地方公務員の場合では、法律と条例と規則で定められることになります。起案者の知恵が伺われるものの、その結果が今回の「地方公務員の育児休業等に関する法律の改正」の見るからに煩わしい規定ぶりでしょう。
 私のような例規の素人にとって、今回の改正は給与構造改革や育児短時間勤務制度の導入時のような大変さを伴うものになるのではないかと危惧していました。しかし、それほどでもなさそうで安心です。
 給与構造改革のときは時間との戦いで、育児短時間勤務制度のときは根気が必要でした。しかし、今回の改正では、丸い人間にも角ができそうです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。