*All archives* |  *Admin*

2017/03
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RBVと自治体経営
Policy Space Logo

 拙論「資源ベース理論による自治体人事戦略の構築」(PDF)が政策空間第53号(2009/02)に掲載されています。興味のある方は、ご覧になってご意見をお寄せくだされば幸いです。
 企業経営の分野では、RBV(Resource-Based View:「資源ベース理論」)と呼ばれる考え方がありますが、拙論は、この考え方を非営利組織である自治体にも当てはめて考えてみよう、という発想から書いたものです。
 高橋伸夫教授(東京大学大学院経済学研究科)には、拙論の構想段階で、私のアイデアに対するご感想を頂き、根本的な発想の転換の必要性を指摘して頂きました。執筆の過程では、この貴重なアドバイスを咀嚼して持論に生かしきれない自分の不甲斐なさに情けなくなりました。
 高橋先生には、この場を借りて心から深くお礼申し上げます。 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。