*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(資料)週休2日制の導入
平成4年度 年次報告書
第1部 ≪人事行政この1年の動きと今後の課題≫
III 職員の勤務時間、完全週休2日制、休暇及び育児休業
1 完全週休2日制の実施と勤務時間の改善等
 我が国の社会全体の活力の維持・増進を図り、また、国際的な労働時間の水準に達するために、労働時間短縮の推進は、重要な政策的課題とされ、平成4年6月に策定された「生活大国5か年計画-地球社会との共存をめざして-」においても、「生活大国」の実現を目指す上での最重要課題の一つと位置付けられている。
 人事院は、公務における週休2日制、勤務時間制度の在り方について、社会一般の情勢に適応させることを基本として検討してきたが、平成3年8月7日、国会及び内閣に対して、完全週休2日制の実施について勧告し、一般職の職員の給与等に関する法律及び行政機関の休日に関する法律の一部を改正する法律(平成4年法律第28号)の成立を経て、平成4年5月1日から完全週休2日制を基本とした週40時間勤務制が実施に移された
 このような状況の中で、人事院は、平成4年8月7日、国会及び内閣に対して、フレックスタイム制の導入、効率的かつ健康に配慮した執務の推進、勤務時間・休暇等に関する法制整備の必要性について報告を行うとともに、勤務時間、休暇等に関する様々な課題についても検討を進め、順次具体的な措置を講じた。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。