*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない
 ケネディ大統領の言葉として伝えられるものの一つに、次のものがあります。
目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

Efforts and courage are not enough without purpose and direction.

 これは組織にとっての格言だろうか、組織のリーダーにとってであろうか、あるいは、リーダーのフォロアーにとってであろうか、と考えることがあります。
 ケネディがリーダーシップ感について述べたものであるとすれば、リーダーたる者は、目的を明確にし、方針を示さなければ、回りにそのために努力を惜しまず勇気を持って困難に取り組む部下だけいても十分ではない、ということを言っているのでしょうか。
 逆に部下の立場からは、やる気があってもそのベクトルを向けるべき目的や指針がなければダメなので、リーダーにそれらを問え、ということなのか。
 市役所には、努力家で勇気のある職員がいるだけでは十分でなく、目的や方針を示すことができる人材がいなければならない、という意味かもしれません。
 何事かに関わる人たちの間では、目的と方針を共有し、勇気を持って目的実現のために努力をすることが必要であるということでしょうか。
 私は、何となく好きなこの格言の意味をまだ解釈できていません。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。