*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜆広会
 職員の福利厚生を担当している部署にいる関係で、金融商品などの取り扱いで業者さんが職場にいらっしゃることがあります。昨年、私の留守に職場に名刺を残して行った銀行マンがいました。それは、私の中学のときの同級生のK君でした。中学を卒業以来、彼とは会っていません。また、彼も私も中学は浜松市で、磐田市には縁がありませんでした。非常に奇遇な話です。彼は浜松から磐田市の支店に転勤になり、取引先の一つにわが社がありました。私もたまたま今の部署に配属されていた、というだけのことです。

 K君は、なぜかいつも私の留守に来るので、実はK君ともまだ30年ぶりの再会を果たしていません。ですが、今年の8月28日には、中学の同窓会「蜆広会」が企画されているそうです。非常に嬉しい知らせでした。同窓会のウェブサイトを見ると、同窓会幹事をしてくれている同級生たちの写真が載っていました。名前は覚えているものの、誰一人として識別ができません。私の中学時代の体重は50kg代だったでしょうが、今は80kgを超えています。大学時代に61kgだった頃を知る人でさえ、今の私のことは分かりません。

 思えば10年くらい前、私が35歳の年の10月24日には、名古屋の鳴子台中学校の同窓会がありました。その時もみんな風貌が変わっていました。ですが、話してみると昔のままだったのが嬉しかったです。今年もまた嬉しい再会を楽しみにしています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きんた

Author:きんた
Yahooブログ「ある地方公務員の隠れ家」(since 2007/2/24)から移転しました。

【自己紹介】
・1964年 静岡県浜松市生まれ

【趣旨】
まちづくりと公共政策について考えます。
本ブログは私的なものであり、私の所属する組織の見解を反映するものではありません。

【論文等】
政策空間 2007年10月
複線型人事は新たなモチベーション創出への挑戦
政策空間 2009年2月
資源ベース理論による自治体人事戦略の構築

【連絡先】
下のメールフォームからお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
検索キーワード10
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。